2013-05

万葉集

万葉集に描かれた食文化(海の幸)

最近、万葉集を読み始めた。 古今和歌集以降の和歌は月、恋、桜を中心に展開するけど、 万葉集は4,500首近く収録されることもあり、その情景もさまざま。 ここでは当時の食文化(海の幸)に関連しそうな和歌を編集。 あゆ 鵜川立ち ...
お薦めの本

17~20世紀日本の名言集/磯田道史「日本人の叡智」

ベストセラー「武士の家計簿」の著者が集めた名言集。 初めて目にする名前も多く、とってもおもしろかった。 98人の名言のうち目に止まったものを書きとめておくと、 江村専斎 「もとより他術なし。平生、ただ些の一字を守るのみ。食を喫す...
日記と雑談

教養って何だろう?

教養を身につける。 このことの難しさは、きっと誰もが感じているよね。 そもそも「教養」の意味は何だろう?  社会人として必要な広い文化的な知識。また、それによって養われた品位。(大辞林) 広い文化的な知識… この言葉には経済活動と無縁の...
日本の美意識

古今和歌集・よみ人しらずの四季の歌

古今和歌集に収められている1100首の和歌のうち、 約4割が作者不明の「よみ人しらず」となっている。 作者不明と言われると、名歌ではないような気もするけど、 「よみ人しらず」に込められた正しい意味合いは、 「長い年月、多くの人々...
生物と生命の不思議

歳とともに変わる時の流れの感じ方(ジャネーの法則など)

歳を取ると時間が短く感じるのはなぜだろう? 年齢との比率(ジャネーの法則) 経過時間中に起きた新鮮な驚きの数 エネルギー消費量に比例する時間の速度 生物学や心理学から読み解く方法としてはだいたいこの3つかな。 ジャネーの法則 これ...
食文化と美食探訪

米の消費量減少=品数豊富な食卓への変化

日本人の米の消費量は数十年前と比べて半減した。 食生活の変化を嘆く専門家もいるけど、これは悲しむべきこと? そしてアメリカの陰謀でパン食に汚染された!は真実? 農林水産省から発表されている統計データを見てみると、 データから分かる過去数...
投資哲学を求めて

ベストアルバム後の投資の記事を編さん

「投資」をブログのメインテーマから外すことにしてから2年。 やめる!と宣言したのに、その後もたまに書き続けちゃった。 というわけで、ここ2年間に書いた投資関連の記事を 投資を楽しむ♪ ベストアルバム2005~2011 +α へ追加。 ...
兼好法師「徒然草」

いつやるか? 今でしょ!/徒然草59、155、188段

人生で大切なことのほとんどは「徒然草」に書いてある。 中身カラッポの自己啓発本ではなく古典を読むべし! 最近はやりの予備校講師のことばが胸を打つ。 「いつやるか? 今でしょ!」 これは兼好法師が「徒然草」でくり返し説いていたことでもある...
サッカー

ファーガソン・マンUの思い出

1986年からマンチェスター・ユナイテッドの監督を務めた、 アレックス・ファーガソンが今シーズン限りで勇退。 私が8歳の頃からマンUの監督だった訳で…とんでもない話! 私がマンUの試合を観始めた頃の中心選手は、 エリック・カントナ(1992...
万葉集

万葉集、ツクヨミ(月読)の和歌

古事記では黄泉の国から逃げ帰ったイザナギノカミが、 川で禊をした際に3人の子供が生まれる場面が描かれる。 アマテラスオオミカミ(天照大神) ツクヨミノミコト(月読命) スサノオノミコト(須佐ノ男命) この後、月の神であるツクヨミの...
世界の名言・名文

等号の発明/ロバート・レコード「知恵の砥石」

ロバート・レコード「知恵の砥石」にこんな記述があるという。 「~に等しい」という言葉をうんざりするほど繰り返さないために、私が仕事でよくつかっているとおり、1対の平行線、つまり同じ長さの2本線 = を使うことにする。2つのものとして、これ...
古典に学ぶ人生論

年齢別の人生論を収集中

古典に描かれた年齢別の人生論。 日本人ならやはり世阿弥「風姿花伝」は外せない。 世阿弥の年齢別人生論/風姿花伝・年来稽古条々 でも一般的に有名なのは孔子「論語」。 「子の曰く、吾れ十有五にして学に志す。三十にして立つ。四十にして惑わ...
私の人生観

世を捨てても世に捨てられずに生きる

ちょうど5年前。 運転免許の更新で10年前と写真を比べて衝撃を受け、 35歳での隠居を宣言した。→その時の記事 今日から1年以内に何らかの決断を!ってことになるけど…この5年間、いろいろ試しながら、真剣に考えてきたけど、 すべてを投げ打って...
投資の賢人に学ぶ

上昇相場に役立つ大投資家の金言集

投資の話をしてきたので配付資料からピックアップして紹介。 今回が初めての上昇相場、って個人投資家向けの内容。 主なテーマは以下の2つ。 含み益の出ている株式に関する判断材料 上昇相場・好景気時の投資家の心得 まず利益の出ている株式を...
お薦めの本

機械をどこまで小さくできるか?/2100年の科学ライフ

IBMが分子で世界最小のアニメを描いた。→YouTube なんでIBMがこんなことして遊んでいるのだろう? 機械をどこまで小さくできるか?という挑戦が背景にあるみたい。 ムーアの法則の終焉 1~2年ごとに性能が2倍になっていくコンピュータ。...
社会や政治の問題など

大衆は烏合の衆/オルテガ「大衆の反逆」

1930年に発表されたオルテガ・イ・ガセット「大衆の反逆」。 冒頭にこんな文章がかかげられている。 「今日のヨーロッパ社会において最も重要な一つの事実がある。それは、大衆が完全な社会的権力の座に登ったという事実である。大衆というもの...
お薦めの本

信念は愛に宿る/百田尚樹「永遠の0」

ここ数年、ほとんど小説を読んでいなかった。 でも最近、親しくしている人から強く薦められたのと、 作者の百田さんがテレビのインタビューで、 「1つの作品を書くために約300冊の参考図書を読む。」 と話していたのを聞いて、心が動いた。 タイトル...