「 2013年04月 」一覧

NO IMAGE

しなやかな水のように/老子(8、67、78章)

「弱さ」にこそ「強さ」の源がある。 こんな不思議な反転を初めて指摘したのは、老子だと思う。 私の考える老子の根幹は「水のようにしなやかに国を治めよ!」。 「しなやかに生きろ!」と人生訓に読みかえることもできる。 上善は水のごとし。 水は善...

NO IMAGE

世界を変えたガリレオの時間感覚

投資家として未来予測を追いかけ、あきらめた後、 「時」の扱いへの強い関心だけが私に残った。 常に現在という視点に依存する主観的な時の流れ 過去から未来に向かって順番に並ぶ客観的な時の流れ この2つが頭の中でうまく溶けあわ...

NO IMAGE

瀬戸内寂聴「いま、釈迦のことば」

なぜか私の周りで釈迦(仏陀)が流行っている。 わずか1週間の間に2人から 手塚治虫の「ブッダ」を読んでインドの勉強します! 釈迦を学ぶなら中村元の本がお薦めです! なんて話をされ、知を求む人に囲まれていてなんか幸せ。 でも、私自身は...

NO IMAGE

味噌の日本史

まずは931~38年に編さんされた辞典「和名類聚抄」。 味噌の語源について語られている。 「末醤は、高麗醤ともいい、美蘇のことである。俗に味醤の字を用いる。本来は末醤といったが、末は搗末の意味である。末を訛って未とし、未を点じて味と...

NO IMAGE

投資の過去記事を読み直す

やっぱり株式市場が盛り上がってるせいなのかな。 年初から「投資の話を聞かせて」という依頼が多いような気がする。 直接会って話す分にはいいけど、ブログの記事にするとなると、 あらためて書き残したいことは、もうほとんどないんだよね。 いちおう過...

NO IMAGE

経済効率と美意識

便利や効率を求めるほど、美しさから遠ざかる。 表面的な美しさを手にすることができても何か違う。 荘子が「機心」みたいな感じかな。 便利な機械を使って楽をしよう、得をしようって気持ち(機心)により、  純白の心が失われると、道を踏み...