2011-12

NO IMAGE 日記と雑談

2011年の人気記事

自分で言うのもなんだけど、2011年に残した記事は名作ぞろい。 いつになく想いのこもったものが多く、このレベルはもう保てないかも。 人生や幸せについて書いた記事では「仕事と幸福3部作」の他に、 生かされている 過去のすべてが肯定される瞬間...
NO IMAGE 投信ビジネスの闇と再生への道

投資・金融教育は誰が担うべきか?

平成電電、L&G、ワールドオーシャンファーム、安愚楽牧場… ここ数年で起きた投資詐欺ですぐに思い出せる事件。 この4つだけでも被害額を足したら1兆円に届いてしまうかもしれない。 詐欺の仕組みはどれも同じ。なぜここまで騙されてしまうのか? 「...
NO IMAGE 兼好法師「徒然草」

つれづれ(徒然)に込められた人生観/徒然草75段

「つれづれなるままに、日暮らし、硯に向かひて、心に移りゆくよしなし事を、そこはかとなく書きつくれば、あやしうこそものぐるほしけれ。」 言わずと知れた、吉田兼好「徒然草」の序段。 「つれづれ」は「することがなく寂しい・退屈」と解釈されるこ...
NO IMAGE 日本の歴史と文化

経産省「面影日本 Roots of Japan(s)」を手に入れろ!

経済産業省から素晴らしい冊子をいただいた。 クール・ジャパン戦略の一環で世界へ配布するパンフレット。 日英対訳で日本の文化・伝統をB5版・約60ページ凝縮した逸品! 「CREATIVE TOKYO フォーラム」の基調講演で紹介されたもの。 ...
NO IMAGE 投信ビジネスの闇と再生への道

投信販売に法規制が必要

モーニングスターの朝倉智也氏が金融庁の金融審議会に提出した 「投資信託に関する現状の課題と対応」(PDFファイル)がスゴイ。 こんなの発表したら、大手金融機関から圧力かかるんじゃない? ファイルも消されてしまうかもしれないからダウンロードは...
NO IMAGE お薦めの本

読んだ本と振り返る2011年

今年は新規に読んだ本が100冊に届かなかった珍しい1年。 浴びるように読書をする時期を終え、再読することが増えたからかな。 読んだ本を分野を超えて横断的に編集するのが真の読書だもんね。 今年、新版が出版された、デール・カーネギー文庫本3冊セ...
NO IMAGE 日本の美意識

恋や生に通じる永遠の想い

「恋する時の人間の心は不思議に純になるのだ。人生の悲しみがわかるのだ。地上の運命に触れるのだ。」---倉田百三「出家とその弟子」P87 この人すごいな、ステキだな、と半ば羨望のまなざしで見つめてた女性が、 私の母と誕生日が同じことを知って、...
NO IMAGE 東日本大震災

古典に残された災害の記憶

「ゆく川の流れは絶えずして」で始まる鴨長明「方丈記」は災害の史料。 1177~85年にかけて都を襲った火災・竜巻・飢饉・地震の記憶なのだ。 長明は、平家滅亡から3ヶ月後の1185年に京都を襲った大地震をこう記す。 「山くづれて川を埋み...
NO IMAGE 日記と雑談

カスタネットな人生

2001年3月に大学を卒業した後から現在までの我が人生。 12月働き、29月休み、56月働き、22月休み、10月働いた。 打って、休んで、打って…、なんだかカスタネットで遊んでるみたい。 こんな調子で生きているから?、人生相談が持ち込まれる...
NO IMAGE 東日本大震災

皇室献上品のトイレットペーパー

お歳暮でもらっちゃった。みやびなマロにピッタリの逸品でおじゃる♪ 高知県の望月製紙株式会社の「羽美翔」って商品。→ホームページ 「過剰包装だ!」と怒らず、美を追究する心を素直にめでたいもの。 無駄なものを削ぎ落とした後に、貧しさや悲しさ...
NO IMAGE 日本の美意識

足利義政、月へ逃避した美学の英雄

京都東山の慈照寺(銀閣寺)を造営した室町幕府8代将軍、足利義政。 義政を中心に展開した東山文化は、日本文化史において最も重要。 でも、義政を学びたくても、書かれた本はとても少ない悲しさ。。。 応仁の乱を招いた権力者としての無能さから、...
NO IMAGE 日本の美意識

日本の美意識は富や権力への反逆から

日本の美意識は「無常→数寄→幽玄→わび・さび」と流れている。 この系譜に時の権力の移り変わりを合わせると見えてくること。 富や権力に取り憑かれた、時の権力者への反逆から生まれたのでは? 満ちては欠ける月、はかなく散る桜を愛し、「無常」を詠っ...
NO IMAGE 日記と雑談

ニコタマ詣?

今年もあと2週間か。 ワールドカップや美食の旅に支えられ、最高に幸せだった2010年。 でも年が変わってまもなく「胃がん」疑惑によりバラバラに崩壊。 体調が優れない…とグダグダ言ってるうちに、ありゃま、もう年末? リーマンショックの直後(2...
NO IMAGE 日記と雑談

エコプロダクツ2011の雑感

去年に引き続きエコプロダクツ(環境展示会)に行ってみた。 あいかわらずよく分からないのが、コンパニオンのお嬢さん方。 1回限りっぽいコスプレに厚化粧…、エコとかけ離れてるよね(苦笑) あと昨年より子供の社会科見学向けの要素が強くなったかな。...
NO IMAGE サッカー

ネイマール残留はブラジル繁栄の象徴か?

ブラジルの若きスター、ネイマールは2014年までサントス残留なんだね。 バルセロナかレアル・マドリーに移籍するんだろうな、と思ってたけど。 給料にユニリーバ、アンベブ、パナソニックなどのスポンサー料を足すと、 年収16億円ちかくになるらしい...
NO IMAGE お薦めの本

森信三「人生論としての読書論」

「趣味が読書」という方の多くが「修身教授録」を読まれたのでは? まだの方はそちらを先に読んでいただくとして、すでに読まれた方は、 今年、復刊された森信三氏の「読書論」を年末にいかが? 二度とない人生を真剣に生きようとするなら読書は不可欠と説...
NO IMAGE 文化で読む日本経済

名刺を偏愛する日本の心

名刺交換の儀式になじめない。 最近はカタカナの肩書きも多く、何の仕事をしてる人か分からないし、 後でその人のことを詳しく知りたくなっても、何の情報も載ってない。 私にとっては、会社の社長以外の名刺は、ただの厚紙にしか見えない。 就職氷河期の...
お薦めの本

坂本光司「日本でいちばん大切にしたい会社」

会社のあり方を考えるすべての人にとって、今や伝説の名著といえる 坂本光司先生の「日本でいちばん大切にしたい会社」。 経営学というと、アメリカに目を向けてしまう日本の学者たちがほとんど。 カタカナ用語や数式で本質を覆い隠して、思考停止に陥っ...
NO IMAGE 日記と雑談

甘すぎて自爆。マネジメント能力のない私。

久しぶりに面と向かって他人に怒った。何年ぶりだろう。。。 でも今回は完全に自業自得。 斬るべきものを斬ることができなかった私の甘さゆえ。 その昔、就職活動をしていた大学生の頃。 最終面接で会社のお偉いさん方に、こんなダメ出しされることが多...
ビジネスの勘所

スポーツに見るグローバル化のかたち

本来「グローバル化」には、多様なかたちがあるはずだけど、 日本では「グローバル化=海外のグローバル・スタンダードに合わせる」 という単一的なイメージへまとめられてしまいがち。 これをスポーツに例えると、「サッカー型」といえるだろうか。...