「 2011年05月 」一覧

NO IMAGE

ポプラ社「未来のおとなへ語る」シリーズ

位置づけは岩波ジュニア新書に似ているのかな。子供たちへ人生を真正面から語ることを目指して、創刊されたシリーズ。すでに10冊くらい発売されていて、私が最初に手に取ったのは、アンパンマンの作者、やなせたかし氏が「正義」について語った1冊。 去年...

NO IMAGE

投資における10年の勘違い

株式投資において、経済や企業の分析そのものには、何の意味もない。このことをきちんと受け入れるまで、10年近いの歳月を要してしまった。20代前半からの10年。ほかにやるべきことが、たくさんあっただろうに… 投資の意志決定の際に、背中を押して欲...

NO IMAGE

本歌取り。模倣から生まれる創造。

模倣と創造。近年は対立する言葉のように用いられ、多くの日本人を悩ましてきた。そして「アイデアとは既存の新しい組み合わせ以外の何ものでもない」といった、当たり前の言葉に感銘を受けてしまったりする。※ジェームス・W・ヤング「アイデアのつくり方」...

NO IMAGE

日本料理の美意識

できれば、これから学び、書き続けたいテーマ「日本料理の美意識」。 日本文化を追いかけていると、「ないことへの美意識」を感じることが多い。→ 美意識と日本・6 不足の美(11/03/10)料理においても似たような考えがあり、すぐれた調理法は「...

NO IMAGE

神社とお寺の違い

前に神社とお寺の違いが分からない…と書いた。→神社を巡って(11/02/15) 本屋でたまたま見かけた雑誌「pen 6/1号」の特集が「神社とは何か?お寺とは何か?」だったから買ってみた。 神社 お寺 崇拝対象 御神体 神の御霊...

NO IMAGE

イタリアの食へのこだわり

先週末、早稲田大学ではファイナンス学会の大会が実施されていたけど、私が参加してたのは、同じ早稲田の文化構想学部の「食の文化研究会」。スローフード・ジャパンの副会長、石田雅芳氏の講演会。スローフードって響きが私にピッタリで、ファイナンスどころ...

NO IMAGE

笠間書院「コレクション日本歌人選」

この世には、星の数ほどたくさんのものが生まれてくる。でも、ほとんどすべてが1度きりのものとして、歴史の闇に消えていく。時代を超えて生き残るものなんて、ほんの一握りしかない。だからこそ、歴史を貫く生命力を持ったものは、ひときわ輝いて見える。 ...

NO IMAGE

イリュージョンなしには生きられない

織田信長は、桶狭間の戦いの出陣前、「人間五十年、下天の内をくらぶれば、夢幻のごとくなり。」と「敦盛」の一節を謡い舞ったとされている。  人の生涯(50年)は、下天の基準では1日にしかあたらない。時の観点から、人生は夢幻にすぎないと説いた名文...

NO IMAGE

インデックス投資と東電株

株式投資のやり方の1つとして、みんながちょっとずつ出しあったお金を、金融機関がまとめて、上場しているすべての企業の株に投資する、という金融商品がある。ニュースや新聞で見かける日経平均・TOPIXといった指数(=インデックス)に評価額が連動す...

NO IMAGE

しあわせは突然やってくる

今日は誕生日。旧暦の同じ日(1615年)は、真田幸村が大坂夏の陣で討死にした日。私ももう一度、これだ!というものを見出して、突撃したいと思ってる。やり通してみて何も得られなくても、惰性で生き続けるより幸せなはず。そのあたりは、歴史が証明して...