2010-10

投資や経済の話題

味の素とカルピスのイメージはいつ変わった?

ふと不思議に思うこと。私よりちょっと上の世代になると、味の素とカルピスのイメージは良くない。 味の素…化学調味料 → 化学?なんか体に悪いんじゃない? カルピス…歯が溶ける → 子供に飲ませちゃダメ 最近のイメージは、 味の...
日記と雑談

昔の恐怖体験を克服

今年になってからかな。笑い話として披露できるようになった昔の恐怖体験。 その昔、ブログ黎明期の話。まだ投資のブログが珍しかった時代に、たまたま記者さんの目にとまって、日経ビジネスにインタビュー記事みたいなのを載せてもらったことがあったんだ。...
お薦めの本

菅正広「マイクロファイナンス」

マイクロファイナンスって知ってるかな?2006年にノーベル平和賞をとった、バングラデシュのムハマド・ユヌス氏が、グラミン銀行ではじめた事業、って言えばピンと来るよね? ちなみにこの本の著者によるマイクロファイナンスの定義は、「担保となるよう...
日本の歴史と文化

日本に対するイメージ

外務省の「海外における対日世論調査」をボーっと眺めてた。 先進国からは「豊かな伝統と文化を持つ国」と見られているけど、国内では戦後の経済史のみに着目し、「失われた20年」と嘆いてる。 新興国からは「技術力のある国」と尊敬のまなざしで見られて...
食文化と美食探訪

ミシュランは純粋なグルメガイドじゃないよ

ミシュランガイドを参考にご飯を食べに行くと、なんか変・・・東京版発売から約3年経ったので、そろそろみんな気づき始めた頃では?仕方ないよ。あれって純粋なグルメガイドじゃないんだもん。 フランスが自国文化発信・普及のためにやってる戦略の一部な...
日記と雑談

地球と月、太陽の三角関係。

その昔、地球と月は仲の良いカップルだった。でも、あるときから徐々に2人の距離が広がりはじめ、今ではすっかり手の届かないほど離れてしまった。 地球は毎晩、夜空に優しく光る月を見つめて、思いをはせる。もう一度、あの頃の2人に戻れたら… でも、一...
日本の美意識

秘すれば花と不足の美-風姿花伝・茶の本・徒然草

能の大成者、世阿弥が書いた、能の理論書「風姿花伝」。内容は能楽論にとどまらず、日本の美学・美意識を知る上で重要な一冊。 専門家じゃないから分からないけど、1400~20年頃に書かれていて、それ以前の中国や、同時期のルネサンスに芸術論の本が見...
世界の名言・名文

ざわめく心を静めたい

今年の8,9月は、なんだか訳が分からないほど幸せで、毎日ルンルン♪だった。後々振り返れば、私の人生の中で、とびきり幸せな時期の1つなんだと思う。 もちろん、そんな幸せがずっと続くはずもなく、10月に入ってからギクシャク。ざわめく心を静めるこ...
IR情報等から企業を見る

産業用ロボットをかじってみた

春にキヤノンの株主総会に行ったとき、2012年12月期の売上5兆円を目指し、力を入れる新事業は、医用イメージング、知的産業用ロボット、って聞いた。(キヤノンのホームページに解説があったから、それぞれリンクを貼っとくね) 先進国では高齢化が進...
日本の美意識

式年遷宮/美意識と日本・5 

昨日、今年2回目のスーツにネクタイの正装。ちゃんとしたカッコは滅多にしないので、ネクタイ締めるのにも一苦労…。せっかくだから、神社にお参りに行ってきたんだ。 ふと目に入ってきた境内の貼り紙。「伊勢神宮の神宮式年遷宮」寄付のお願い。次は201...
お薦めの本

牧野武文「ゲームの父・横井軍平伝」

ニンテンドー3DSが来年2月に25,000円で発売とのこと。→任天堂HPへ今話題の3Dと結構なお値段…、枯れた技術の水平思考から離れたような?今後を占う上で、この本の副題の通り「任天堂のDNAを創造した男」横井軍平氏の活躍を振り返ってみよう...