「 2010年09月 」一覧

NO IMAGE

善悪二元論のつまらなさ

食生活の変化も影響してるのかな、日本が変になっちゃってるとこ。テレビや新聞のニュース(特に政治)が、なんでも善悪の枠にあてはめすぎ。世の中はすごく複雑で、善悪二元論なんかで語れないのに。。。 なんでも白黒はっきりさせたがるのは、欧米社会の特...

NO IMAGE

投資の意志決定にCSRレポート・5

ごく少数の熱狂的なファンがいる(?)、不人気シリーズの5回目。いろいろあって、株式投資とCSRについて、頭の整理をしてみようと思った。CSRレポートの何が面白いのか? なんとな~く伝わるといいなぁ。 1. 社長からのメッセージが年次報告書と...

NO IMAGE

今、この時を味わう

ランチでは午後の予定、ディナーでは翌日の予定を考えながら、食べる人。この手の人と一緒にご飯を食べると、追い立てられているみたいでつまらない。きまって早食いだったりして合わせようとすると、こっちまで味が分からなくなる。先のことばっかり考えて、...

NO IMAGE

結婚しないと寿命が縮む

昨日、親しい友だちが「絶賛、婚活中!」と連呼していてウケた。まぁ彼は仕事のある弁護士だから大丈夫だけど、問題は私だ!(笑)しかし最近、自虐ネタで遊んでいる場合ではないデータを見つけてしまった。 「寿命に影響を与える最も大きなリスクは、未婚、...

NO IMAGE

論理より直感を信じているから(偉人の名言集)

今日真実であることは、明日も真実であると信じたくなるもの。人の脳が規則性を望んでいるから、論理的思考がもてはやされたりする。でもね、私たちの住むこの世界は、デコボコで不確実性に富んでいるよね。過去の出来事に対して、後付けの論理的解釈をつけて...

NO IMAGE

投資の意志決定にCSRレポート・4

「変を貫き通す」というのが、今年の大きな決断の1つだったりするんだけど…→ 関連記事: 何によって憶えられたいか(10/05/16)思わぬところで、天然記念物扱いをされて、ややとまどう日々。 株式投資の際、CSRレポートを読む個人投資家って...

NO IMAGE

失われた20年? いや100年は失われている

リーマン後、しばらくの間はこれまでの資本主義を軌道修正しなきゃ、というような風潮があったように感じたけど、今はどうなんだろう。具体的なイメージがわかなくて、みんなあきらめちゃったのかな? 私は今年、渡辺京二「逝きし世の面影」って本に出会った...

NO IMAGE

住友林業を眺めてみた

昨日のクローズアップ現代。「日本の森林が買われていく」がテーマだった。NHKのサイトで動画をちょこっと見れるので、興味のある方はこちらへ。 この番組がきっかけで住友林業のサイトや決算書をしばらく眺めてた。目にとまった部分を箇条書きでメモ。 ...

NO IMAGE

失われゆく月のロマン

今年の中秋の名月は9月22日なんだって。先月は満月近くに、ちょうど多摩川の花火大会が重なり風流を楽しんだ。 もしも夜空に月がなかったら、、、なんて考えてみると、月が文芸の分野に与えた影響が、いかに大きかったかよく分かる。たとえば、百人一首の...

NO IMAGE

投資の意志決定にCSRレポート・3

各社からCSRレポート(環境・社会報告書)の2010年度版が出回りはじめ、エコほっとラインのサイトで新着レポートの情報を収集する日々。そんななか、意志決定にCSRレポートを組み込む際、私特有の問題点が判明。  「食」に関するCSR活動に共鳴...