2010年07月一覧

NO IMAGE

美意識と日本・4

日本文化を追っかけである私のお気に入りは、松岡正剛さんと原研哉さん。その原さんが関わる良品計画(無印良品)の株式に興味津々。 無印良品のブランドエッセンスは、やっぱり「シンプル」だよね。フランスでは「禅の精神を感じる」と評価を受けたりしてる...

NO IMAGE

水を好んだ「老子」の教え

昨日、引用した老子の78章について、その前の部分も紹介すると、  この世の中には水よりも柔らかでしなやかなものはない。 しかし堅くて強いものを攻めるには水に勝るものはない。 水本来の性質を変えるものなどないからである。 弱いものが強いものに...

NO IMAGE

和の伝統色/美意識と日本・3

太陽がまぶしい季節になり、同じ景色が梅雨とは違う色合いに見えてくる。日本の伝統色の名前をざっと見てみると(→和色大辞典)、植物や動物、食べ物の名前が混ざった色の名称が、やはり多い。日本に色の名称が豊富なのは、四季があるからなんだろうね。わず...

NO IMAGE

何かの犠牲の上に成り立つ未来なんて…

2つの選択肢があって、片方を選ぶと、もう片方はあきらめないといけない。人生のいろいろな局面で、2者択一的な選択で頭を悩ますもの。 でも、片方を犠牲にして、得られる未来って、良いもの? それで幸せ?そして、そもそも1つに絞る必要があるのかな?...

NO IMAGE

ちょっと遠い未来を見つめたい

「私は走りながら考える人間なんだー!」と主張してるけど(→関連記事)、その一方で、今日明日といった近未来のために考えるのはキライかも。何かを考えたり、調べたりするときは、歴史的・文化的な背景を大切にして、少し遠い未来に関するヒントが得られな...

NO IMAGE

リソー教育と公文

リソー教育が「株価連動型配当制度」を導入し、下記の1.と2.のいずれか高い方を年間配当金とするらしい。 今期の1株当たり当期純利益に連結配当性向40%を乗じて算出した金額 第2四半期の最終月である8 月及び通期決算の最終月である2 ...

茨木のり子「詩のこころを読む」

引っ越しの際、本棚の奥から転がり出てきて、久しぶりに出会った。末尾の印刷年度を見ると、ちょうど20年前。小学生の頃、買った本だ。 岩波ジュニア新書だから子供向けだろう、とあなどるなかれ。詩を読みたいと思ったとき、この本以上にいい詩集を私は...

NO IMAGE

美しいものに感動する心

何かに夢中になって時間を忘れてしまうのと同じように、ふいに美しいものに出会って、時間が止まってしまうことがある。時の流れから外れることができたとき人は幸せなんだろうな、と思う。 昨日、ロジックを愛しすぎる残念な人々について困ったもんだねー、...

NO IMAGE

情報を「おく」時代?

私が初めてホームページを作ったのが、1999年8月のことだから、Web上での情報発信をはじめて、まもなく12年目を迎えようとしている。苦手な日本語の練習に、とはじめた割に、ずいぶんと長く続いたもの。 でも、長く続けたおかけで、なんとなく実感...

NO IMAGE

七夕の和歌 in 古今和歌集

今日は七夕。例年通り、天気悪そうだね。今年は月齢が新月に近いから、天の川が見えやすい日らしいけど。まぁ、東京にいたら、どーせ見えないんだけどね。 七夕の歌というと、「笹の葉さらさら~♪」って子供のお遊戯がメインだけど、昔はどんな歌があった...