「 2009年11月 」一覧

NO IMAGE

旭硝子の転換社債がモヤモヤする

先週、旭硝子が転換社債の発行を決めたら株価が急落、って話があったので、ソフト・マンダトリー条項って、なんか聞いたことない変なのついてるから、このせいで株価が下がったのかな?と思って、プレスリリースを読んでみた。ソフト・マンダトリー条項とはな...

NO IMAGE

経済・産業の中心が西へ移動中?

なんとなくな話なんだけど、経済・産業の中心が西へ動いているような?バブル崩壊までは、東京を中心とした首都圏に経済・産業の中心があったけど、その後はトヨタやホンダの自動車産業がある東海地方へ移動。で最近、次世代エネルギーについて調べていると関...

NO IMAGE

金価格の上昇は波乱を予見していた?

細かい理由はともかく、走り始めるとスコーンと行ってしまうのが最近の傾向。今日のところは、ドバイショックと名付けられている模様。今になって思うと、春以降、株式と金が同時に上昇するなんて少し奇妙な話。モハメド・エラリアンが言うところの「ノイズ」...

NO IMAGE

相対的な世界からの脱却を!/徒然草38段

かつて投資リターンの向上に熱中していた頃の自分への戒めを込めて、わが愛読書の「徒然草」をひっぱってきた。 「名利に使はれて、閑かなる暇なく、一生を苦しむるこそ、愚かなれ。財多ければ、身を守るにまどし。・・・金は山に捨て、玉は淵に投ぐべし。利...

NO IMAGE

事の大小が心の中で入れ替わる

昨日紹介した「お金と幸福のおかしな関係」に出てくる、ギクッとする一節。「心の会計に欠陥があることから、大切でない決定と大切な決定を区別することが困難になることも多い。・・・このことはまた、本当は寂しくて一番欲しいのが恋人であるにもかかわらず...

NO IMAGE

コア・コンピタス経営の光と影

有名なゲイリー・ハメルとプラハラードの「コア・コンピタンス経営」。※コア・コンピタンス=企業にとって中核(Core)となる競争力(Competence)1990年に発表された考えで、コア・コンピタンスの3条件、・広範かつ多様な市場へ参入する...

NO IMAGE

老舗の理念を追いかけて・6

小津産業(1653年創業・東証2部上場)理念: 温故知新元は紙問屋。今は精密機器メーカー向け不織布事業(国内シェア約8割)。そして今話題?の植物工場にも参入。業態転換の連続で生き残る。※参考…植物工場の普及・拡大に向けて(農林水産省)浅香工...

NO IMAGE

大津秀一氏の講演メモ

2ヵ月前にお薦めの本として紹介した「死ぬときに後悔すること25」の著者、大津秀一氏の講演会に参加。(おとといテレビ出演していたらしい)※主催者の清話会さんのご厚意で無料で受講させていただきました。感謝です。古今和歌集に残された在原業平の和歌...