2009年09月一覧

NO IMAGE

Adaptive Market Hypothesis -適応的市場仮説

MITのアンドリュー・ロー教授の記述に出くわしたのは、今年の7月がはじめて。その時は、日本語訳の本もなかったし、何の研究してる人かよく分からなかった。今回、P.バーンスタインの遺作「アルファを求める男たち」を読んで、ありゃま!!市場はランダ...

NO IMAGE

日本航空の真のB/Sに迫ってみる

「お前はもう死んでいる」ケンシロウに秘孔を突かれたわけではないが、日本航空へおくる言葉にピッタリ。エルビーダもそうだけど、国策として支援の必要性があるのかイマイチ謎。そんな話はとりあえずおいといて、日本航空は簿外資産・負債が多い企業だから、...

NO IMAGE

どこから世界を見つめるか

どんなスタイルで資産運用を行うかを考えるには、まず自分自身を知らなければ。なんて感じで、哲学も分からないくせに、妙に哲学的なアプローチを試みてきた。その一方で、私自身がそこまでこだわる価値のある存在なのか?という疑問もある。世界はとても広い...

NO IMAGE

伊達政宗の遺訓

「過ぎたるは猶お及ばざるがごとし(過猶不及)」は論語の有名な一節。伊達政宗の遺訓に、似たようなものがあることを思い出したのでメモ。 仁に過ぐれば 弱くなる 義に過ぐれば 固くなる 礼に過ぐれば 諂となる ※諂(へつらい) 智に過ぐれば 嘘を...

NO IMAGE

天才ってのは自分を信じることなんだ

ロシアの作家、マキシム・ゴーリキーの戯曲「どん底」に出てくる言葉。私の大好きなことば。自分を信じる心は、幸福をつかみとるために必須の要素だと思うから。自分で自分を信じられないような人間を誰が信じてくれるというのか?だったら、信じてみるしかな...

NO IMAGE

大津秀一「死ぬときに後悔すること25」

著者は終末期医療の専門医。33歳にして1,000人超の死を見届けるとは…。医者の友人はいないので、この数字が多いか少ないか、私には分からない。ただ、文章に年齢以上の大きなものを感じさせられる。2歳違いだから余計に。あれこれ後悔しながら死にた...

NO IMAGE

デイトレードの可能性

他のサイトなどで紹介されるとき、いちおう私は長期投資家に分類されるみたい。だからといって、対極に位置づけされるデイトレーダーを全否定はしない。おそらくこれまで「儲からないから」という理由で否定したことはなく、主に「金儲けのための金儲けは空し...

NO IMAGE

学者ってむずかしい

昨日、経済学者の田中秀臣さんのセミナーに参加してみた。私はそんなに深く経済学を勉強してないので、あまり分からなかったけど、約100年前の日本の経済学者、河上肇と福田徳三を研究し、対比しながら、現代の諸問題に応用しようと試みている方のようだっ...