2009-09

NO IMAGE 講演・取材メモ

羽生善治さんの講演メモ-脳の世紀シンポジウム

今年は6冊も羽生さん関連の本を読んでいるせいか、目新しい話はなかったかな。でも平日の朝じゃ、誰も参加できなかっただろうから、内容を紹介しておくね。何百・何千もの手を読んで指しているわけでない プロ同士の会話で一致したこと→10手先(双方5手...
NO IMAGE 投資哲学を求めて

Adaptive Market Hypothesis -適応的市場仮説

MITのアンドリュー・ロー教授の記述に出くわしたのは、今年の7月がはじめて。その時は、日本語訳の本もなかったし、何の研究してる人かよく分からなかった。今回、P.バーンスタインの遺作「アルファを求める男たち」を読んで、ありゃま!!市場はランダ...
NO IMAGE 投資哲学を求めて

経済学=経済に美しさを求めるもの?→だから変?

授業でマックス・ウェーバーの"Economy and Society"をかじった。ウェーバーは、人の行為の合理性を4つに分類していて、(1) instrumentally rational: 経済的な合理性(経済学のra...
NO IMAGE IR情報等から企業を見る

日本航空の真のB/Sに迫ってみる

「お前はもう死んでいる」ケンシロウに秘孔を突かれたわけではないが、日本航空へおくる言葉にピッタリ。エルビーダもそうだけど、国策として支援の必要性があるのかイマイチ謎。そんな話はとりあえずおいといて、日本航空は簿外資産・負債が多い企業だから、...
NO IMAGE 講演・取材メモ

天からの文(ふみ)、天文。なんかステキ…

今年はガリレオが望遠鏡で天体観測をして400年目で世界天文年なんだって。これにちなんだ慶應の公開講座「天からの文(ふみ)を読み解いてみよう」。今日は、表實(おもてみのる) 慶應大学名誉教授の講演。印象に残った部分をメモ。ガリレオは実験の物理...
NO IMAGE 投資や経済の話題

経営戦略-1960年代のホンダから学ぶこと

経営戦略の授業。ホンダがアメリカのバイク市場を席巻した1960年代の話。ハーバード・ビジネス・スクール発行の"Honda (A)"、"Honda (B)"を使用。(A)の方はボストンコンサルティングに...
NO IMAGE 投資哲学を求めて

どこから世界を見つめるか

どんなスタイルで資産運用を行うかを考えるには、まず自分自身を知らなければ。なんて感じで、哲学も分からないくせに、妙に哲学的なアプローチを試みてきた。その一方で、私自身がそこまでこだわる価値のある存在なのか?という疑問もある。世界はとても広い...
NO IMAGE 世界の名言・名文

伊達政宗の遺訓

「過ぎたるは猶お及ばざるがごとし(過猶不及)」は論語の有名な一節。伊達政宗の遺訓に、似たようなものがあることを思い出したのでメモ。 仁に過ぐれば 弱くなる 義に過ぐれば 固くなる 礼に過ぐれば 諂となる ※諂(へつらい) 智に過ぐれば 嘘を...
NO IMAGE 世界の名言・名文

天才ってのは自分を信じることなんだ

ロシアの作家、マキシム・ゴーリキーの戯曲「どん底」に出てくる言葉。私の大好きなことば。自分を信じる心は、幸福をつかみとるために必須の要素だと思うから。自分で自分を信じられないような人間を誰が信じてくれるというのか?だったら、信じてみるしかな...
NO IMAGE 投資や経済の話題

TOPIXと日銀短観業況判断指数(DI)の推移

なんとなく2つを重ねて見てみたくなったので。DIが株価に先行するとか、その逆とか、その辺の判断には使えなそうだ。※日銀短観・業況判断指数(Diffusion Index)日銀ホームページから大企業の全産業を抽出した。景況感が良いと答えた企業...
NO IMAGE お薦めの本

大津秀一「死ぬときに後悔すること25」

著者は終末期医療の専門医。33歳にして1,000人超の死を見届けるとは…。医者の友人はいないので、この数字が多いか少ないか、私には分からない。ただ、文章に年齢以上の大きなものを感じさせられる。2歳違いだから余計に。あれこれ後悔しながら死にた...
NO IMAGE 世界の名言・名文

アナリストレポートって読んでますか?

私の感覚がズレているかも?と気になることについて教えて下さい。投資判断に証券アナリストの企業分析レポートを参考にしていますか?私は株式投資をはじめて1,2年の間しか、アナリストレポートを読まなかった。私が株式市場にやってきたのは、2000年...
NO IMAGE IR情報等から企業を見る

大津広一「戦略思考で読み解く経営分析入門」

ビジネスマンの3種の神器は「英語・IT・会計」と言われるようになってから、財務諸表を用いての経営分析の本が、本当にたくさん出版されてきた。でもそのほとんどが一度読んだら放置。二度と開くことのない内容のものばかり。そんな中、本棚の目立つ位置に...
NO IMAGE 投資や経済の話題

デイトレードの可能性

他のサイトなどで紹介されるとき、いちおう私は長期投資家に分類されるみたい。だからといって、対極に位置づけされるデイトレーダーを全否定はしない。おそらくこれまで「儲からないから」という理由で否定したことはなく、主に「金儲けのための金儲けは空し...
NO IMAGE 世界の名言・名文

学者ってむずかしい

昨日、経済学者の田中秀臣さんのセミナーに参加してみた。私はそんなに深く経済学を勉強してないので、あまり分からなかったけど、約100年前の日本の経済学者、河上肇と福田徳三を研究し、対比しながら、現代の諸問題に応用しようと試みている方のようだっ...
NO IMAGE 投資の賢人に学ぶ

ユージン・ファーマのブログがあった

ユージン・ファーマといえば効率的市場仮説(Efficient Market Hypothesis)。効率的市場仮説は、20世紀前半にルイ・バシュリエって数学者が、「投機家の数学的期待値はゼロである。明らかに市場で最も妥当と考えられる価格は、...
NO IMAGE お薦めの本

論語の経営学-ハーバード・ビジネス・レビュー

私にとってハーバード・ビジネス・レビューは微妙な雑誌だ。毎月本屋で立ち読みするのが習慣だけど、定期購読したいほどの魅力はなく、興味があるテーマの月でも、2,000円という値段は割高で買う気になれない。ゆっくり読みたい論文があれば、図書館でコ...
NO IMAGE IR情報等から企業を見る

会計的にはサッポロビールではなくサッポロ不動産

サントリーがフランスの飲料メーカー、オレンジーナを買収するらしく、キリンの売上高を加えると、クラフトフーズを抜いて世界4位になるとか。でも、クラフトフーズはイギリスの菓子メーカー、キャドバリーに買収提案中。そういえば、オレンジーナは元はキャ...
NO IMAGE 世界の名言・名文

モンテーニュ「エセー」を読む・その2

モンテーニュは1570年、37歳にして裁判官を辞めて隠居。その2年後あたりから「エセー」を書き始め、初版は1580年に出版される。この頃、ユグノー戦争(1562~98年)の名で呼ばれる、宗教内乱のまっただ中。ごたごたの社会情勢の中、人を裁く...
NO IMAGE 投資や経済の話題

複雑系の勉強メモ

マンデルブロのフラクタルとか、カオス理論、バタフライ効果、べき乗則など…何やら"複雑系"という分野で、ひとまとめにできるようだけど位置づけが???11年も昔の本だから微妙だけど、イメージとしてつかみやすかったのはこれ。マ...