「 2008年12月 」一覧

NO IMAGE

来年のEU議会選挙が気になる

来年2009年は5年に一度の欧州議会(EU parliament)の選挙。Economistによると、回を重ねるごとに選挙の投票率が下がっている模様。今年の6月には、アイルランドでリスボン条約批准に伴う国民投票がコケたり、微妙にEUを取り巻...

NO IMAGE

まずは原点回帰。だから倫理・道徳。

倫理・道徳の重要性を説いていたら、とうとう出家したと勘違いされた(笑)昔からあだ名が、師匠、仙人、教祖など宗教色が強いもんだから…。お寺の住職とかになって、お布施ファンドやってみたい気持ちもある。まぁ、そんなのは放っておいて、アメリカがどこ...

NO IMAGE

神様グリーンスパンとは…

かつて神様と呼ばれた元FRB議長、アラン・グリーンスパン。今となっては一体どこが神様だったのか?訳分からない状況だけど、水野和夫氏が新刊「金融大崩壊」の中で、とっても的を得た表現をしてる。 グリーンスパンでもバブルを止めることはできなかった...

NO IMAGE

読んだ本と振り返る2008年-人生やり直し

幸福論はお金との付き合い方について、より深く考えさせてくれたけど、人生のやり直しに向けて奮い立つきっかけとなる内容ではなかったかな。免許更新の写真にギャボー!という事件に遭遇するが、まだ悠長に構えていた。そんな中出会った本が、ランディ・パウ...

NO IMAGE

そうか缶の価格も下がったのか

毎週土曜日の朝、図書館へ行く習性がある私。今月初めから、見慣れた風景が姿を消した。自転車に大量の空き缶を積んだ、空き缶泥棒。もしかして?と調べてみると、日経新聞11/26に価格推移表を見つけた。なるほど泥棒さんも敏感なのだ。自動車の減産でも...

NO IMAGE

BIS規制って良いものなんだろうか?

私なりに今回の金融危機の発端を考えてみて、BIS規制かも?と。自己資本比率8%超えてない銀行は、国際業務しちゃダメってやつ。これがあるから、住宅ローンの証券化みたいな話が出てきちゃったんだよね?ついでに言うと、BIS規制があるから、不景気に...

NO IMAGE

読んだ本と振り返る2008年-幸福論

今年は取り憑かれたように本を読みまくり、その積み重ねのおかげで、リーマン破綻が触媒となって大暴走?、人生の新しい目標が見つかった1年。投資家よりも読書家だった2008年。読んだ本とともに今年を振り返ってみる。昨年夏頃に、なんとなく将来の目標...

NO IMAGE

西野監督、感動したよ!

マンチェスター・ユナイテッド相手に素晴らしい試合を魅せてくれてありがとう!ブラジルに勝ってもイマイチ喜べなかったアトランタオリンピックの日本代表。あれから12年、あの時とは正反対の攻撃的なスタイルで、確かな手応え。マンUと試合してシュート数...

NO IMAGE

ローマ帝国衰亡史-エピローグより

アメリカの金融に続き、自動車も崩壊するみたい。なんかちょうど先週末、ローマ帝国衰亡史を図書館で借りてきてたから、とりあえずギューンと飛ばして、エピローグを先に読んでみた。→プロローグはジョン・ボーグル氏の著書からとったこの記事をどーぞ。「ロ...