2008年11月一覧

NO IMAGE

インデックス運用の未来に不安・Part2

昨日の続きでもうちょっと頭を整理してみた。今、私の頭にあるのは、特に米国株のインデックス運用について。バンガードのETFも買えるようになり喜びたいところだが…。アメリカの企業は、株主重視やROE信仰の経営を推し進めたことで、企業自体が金融商...

NO IMAGE

インデックス運用の未来に不安

約2ヵ月前「インデックス運用は継承に意義がある」って記事書いたけど、いろいろと頭を捻るにつれて、ちょっと無責任な発言だったような気がしてきた。私自身も先月初めてS&P500連動のETF・IVVを買ったことでちゃんと考えた。今世界で起きている...

NO IMAGE

モノクロ液晶じゃダメなの?

来春から大学へ通うにあたり、ネットブックを調べる内にわき上がった疑問。モノクロ液晶にすれば、バッテリーがもっと持つんじゃない?去年までN502iってモノクロ液晶の携帯を持ってた経験からふと思う。キングジムから発売されたポメラは、単4電池2本...

NO IMAGE

元は余りもの、いつの間にか主役

お金は本来、なにか生活に必要なモノと交換するために存在しているはず。となると、金融市場を駆け巡るお金は、元々は余りもの。その余りもんたちが集まって決めた価格が、企業のシンボルのように扱われる。徹底的に巻き戻すと、貨幣自体にバブルが起きていた...

NO IMAGE

近年のマンション開発への疑問

モリモトが負債総額1,615億円で民事再生法の適用を申請。とのこと。いわゆる城南地区にたくさんマンションを建ててる会社ってイメージがある。モリモトに限らず、ここ数年の新築マンションについて疑問に思ってることがある。 価格や外観が、近隣とミス...

NO IMAGE

インドネシア・リスク!

そろそろインフルエンザの季節ってことで、ふと鳥インフルエンザを思い出す。そういやインドネシアとどっかの企業がワクチン開発するって話、どうなったかな?って日経テレコン調べてみたら9月頃のニュースに、ありゃ?ギャボー!!!インドネシアが感染者の...

NO IMAGE

ラッセル・ロバーツ「インビジブルハート」

あまりに素晴らしい! いつかこんな本が書けたら最高だ。フリードマンとかシカゴ学派っていわれる自由主義経済の信奉者である経済学の教師と、その考え方に疑問を持っている文学の女性教師。相反する考えを持つ2人が、社会のあり方について議論するうちに、...

NO IMAGE

ウズベキスタンで尊敬される日本

オバマ次期大統領の登場や、日本人ノーベル賞受賞者がアメリカの大学にいたりで、アメリカの素晴らしさにすっかり目がくらんでしまった今日この頃。日本を再認識するべく「私は日本のここが好き-外国人54人が語る」を読んでみた。そんなことがあったのか、...

NO IMAGE

銀行の法人税納付が遠ざかる…

今日の朝刊読んでて思い出す。あぁ結局いまだに税金払ってなかったのね。「大手銀行グループは2007年に13年ぶりに納付を再開した住友信託銀行を除き、法人税を払っていない。過去に生じた赤字を利益と相殺できるためで、08年9月中間期決算の業績から...

NO IMAGE

その社長室、本当に必要ですか?

だいぶ昔に読んだ、藤野英人「スリッパの法則」を開いてみた。そうか「社長室の豪華さとその会社の成長性は反比例する」だったか。私は社長室の存在自体に違和感なんだけど、みなさんはどう考えますか?上場企業とかじゃなくて、そうだな、社員30人未満くら...