2008年08月一覧

NO IMAGE

細野祐二「法廷会計学vs粉飾決算」

会計が分かる投資家には、これより面白い会計の本はそうないと思う。2005年12月~2007年11月に著者が発表したレポート全11本で構成。日興と日本航空のレポートが3本ずつでこの本の約半分を占めている。日興コーディアルの粉飾決算が明るみに出...

NO IMAGE

生と死-徒然草93段

「過去に直面した最も大きな試練は何か?」なんて課題レポート書くことになり、そういう切り口で攻められると訳分からない。あまり辛いとか感じないから。そんな私の考えと似ている、徒然草第九十三段と出会ってなんか嬉しかった。吉田兼好「徒然草」第九十三...

NO IMAGE

ミヒャエル・エンデ「モモ」

今でこそ週1冊以上のペースで本を読むようになったけど、昔はそうだなぁ…、高校卒業するくらいまでは、サッカーの本以外読んだことないかもしれない。もちろん、児童向けで有名なこの本も初めてで、なんじゃこりゃ?!とビックリ!哲学者みたく難しく言わず...

NO IMAGE

企業の不祥事に巻き込まれないために・その2

昨日の続き。3つのポイントにバフェットさんの言葉を引用しつつ、コメントを付けてみた。1.欲張らないことライブドアで損をした投資家のほとんどは、株価の値動きの激しさから、短期間で儲けられそう、って短期のチャートだけ見て手を出したんじゃないかな...

NO IMAGE

企業の不祥事に巻き込まれないために

ライブドアの粉飾決算をごく簡単に紹介したけれど、実際に決算書からこれを見破って投資を見送る、というのは難しいかもしれない。ライブドアは3期分の決算書が出た後に、東京地検の強制捜査があったから、可能だったかもしれないけど、17年9月期を見る前...

NO IMAGE

ライブドア事件の教訓・法の下の不平等

ライブドアの堀江貴文元社長が「六本木で働いていた元社長のアメブロ」ってな題でブログをはじめたそうな。(なぜゆえレノア???)先月末には東京高裁でも懲役2年6月の実刑判決が出て、何だかモヤモヤ。日興コーディアルグループって、結局5億円の罰金に...

NO IMAGE

勝負師に学ぶ精神面の重要性

またまた最近お気に入りの吉田兼好「徒然草」から出発。徒然草・第110段 双六の上手といひし人に、その手立てを問ひ侍りしかば、「勝たむと打つべからず。負けじと打つべきなり。いづれの手かとく負けぬべきと案じて、その手を使はずして、一目なりとも遅...

NO IMAGE

日本航空と全日空の簿外債務

昨日、日本航空の簿外債務にリース債務をピックアップしたけれど、これについては会計基準の変更があったから、今後はちゃんとB/Sに載ってくる。でも航空会社特有の見えない債務みたいなものはまだある。例えば今日の日経朝刊では、ポイント引当金について...

NO IMAGE

日本航空はまだまだヤバイ

相互リンク先の株式十八番!さんで、日本航空がネタになっていてふと思い出す。そういえば日本航空、昨年の間にもっと騒ぎになると思ってたんだけど…。先ごろの決算発表で第一四半期が黒字、なんてニュースもあったし、ありゃりゃ?信用売り遊びする気はもう...

NO IMAGE

未完の美は日本の文化? 徒然草×茶の本

徒然草を読んでいたら、またまた以前出会ったものとのリンクが発生した。今回は、岡倉天心「茶の本」(←私が持ってるのは英文も収録されてるこれ)。もしかしたら「未完の美」ってのが、日本の文化なのかも?とふと思った。岡倉天心「茶の本」 出だしの1段...