「 2008年04月 」一覧

NO IMAGE

35歳で隠居します

私、鏡で顔をじっくり見つめたり、自分を写真におさめたりする習慣もなく、あんまり自分の外見なんかに興味なく生きてきた。しかしこのたび運転免許の更新で、大きな異変に気づいた。免許更新前(5年前24歳)と今回の免許の写真を比べると、どう見ても5年...

NO IMAGE

平凡こそが日本人の美学?

引き続き、アレックス・カー「美しき日本の残像」がネタ。著者が陶芸教室を通じて、日米の教育を考えたP110ページが気に入った。 日本の教育システムは平凡な人間をつくるのが目的です。言われた通りに平凡にやればいいので、日本人は「平凡」「つまらな...

NO IMAGE

失われた自然環境を取り戻す

失われた10年で、アレックス・カーの言う景観の美が失われた、とのコメントを受け、その著書「美しき日本の残像」を読んでみた。ヨーロッパでは、中世時代の文化や街並みも大切にされているが、日本をはじめ東洋では、急激な欧米化で文化と自然が破壊された...

NO IMAGE

それはアメリカの投資理論だから…

私たち日本人の投資家が株式投資について学ぼう考えると、バートン・マルキール、チャールズ・エリス、ジョン・ボーグル、ジェレミー・シーゲルあたりの書いた本は、誰もが共通して手に取る。でもみんな主にアメリカ市場を分析した結果を語ってるよね。だから...

NO IMAGE

茶道を習って1か月

今月から茶道(裏千家)を習い始めて、大雑把に一通り教えてもらったかな。細かい動作に至るまで型が決まっていて、個性は問われない感じがする。でもお茶の世界って、織田信長をはじめとして尖がった人だらけの戦国時代に千利休が出てきて完成させたもの。私...

NO IMAGE

10年で一体何を失ったのですか?

「失われた10年ってよく聞くけど、日本は一体何を失ったの?」そんなシンプルな質問に私は答えられず、ただ固まった。たしかに、一体何を失ったのだ?仮に何かを失ったとするなら、バブル崩壊以前に得たものがあるはず。経済的な豊かさは得られたけど、まだ...

NO IMAGE

日本サッカー昔話(明治初期~第2次大戦前)

 大学生のとき書いたレポート見つけたから貼り付け保存。  Jリーグ開幕から2002年ワールドカップを経て、ようやく日本に定着した感じのサッカー。その歴史は結構古く、第二次世界大戦さえなければ、今ごろ常時ワールドカップの優勝候補になっていたか...

NO IMAGE

チャイコフスキーと誕生日が一緒?!

チャイコフスキーと誕生日が一緒。ちょっとドキっとした。母が大のチャイコフスキー好きで、小学生の頃からレコード持ってたとか。ブラームスも誕生日が一緒で、ベートーヴェン交響曲第9番の初演の日でもある。どうりで中学の頃から歌謡曲も聴かずにクラシッ...

NO IMAGE

ナポレオン法典が気になった

1804年3月制定。世界で初めて私有財産権を認めた法律。国による財産権の保護が経済発展の根幹(by グリーンスパン)なのだとしたら、ヨーロッパ大陸の旧国家を侵略し、私有財産保護の精神を振りまいたナポレオンの功績はあまりに大きい。日本の民法も...

NO IMAGE

GoogleFinace と YahooSingapore

GoogleFinace スクリーニングの新機能、なんかキレイでハマりそう。それから最近、いろんな国に上場されてるETFを眺めようとして、普段使ってるGoogleFinaceじゃ対応しきれず、困ったなーと悩んでいたら、Yahooシンガポール...

NO IMAGE

地中海の美しい景色は自然破壊の名残り?

ルネサンス期に繁栄を謳歌した、ヴェネツィアの歴史を知りたくなった。高坂正堯「文明が衰亡するとき」に「通商国家ヴェネツィアの栄光と挫折」という題で80ページほど割かれていて、なかなかに興味深い。 この中でへぇ~と思ったヴェネツィア没落のきっか...