2006-10

投資や経済の話題

MNPより携帯コンテンツ業界に注目

ソフトバンクの孫社長は、事業で利益は出せないけど、世の中を変える不思議な人。 携帯電話業界への討ち入りが、最後の大仕事になりそうな予感もするけど、 今回はどんなことをしてくれるのかな~、と興味深く見つめている。 ソフトバンクが、ナンバーポー...
IR情報等から企業を見る

新リース会計への移行で何が起きる?

リースの新会計基準によって、影響を受ける会社は、 有価証券報告書の財務諸表にくっついてる重要な会計方針で、 8、リース取引の処理方法 「リース物件の所有権が借主に移転すると認められるもの以外の  ファイナンス・リース取引については、  通...
IR情報等から企業を見る

会計基準変更に伴うリース業界再編

昨日ダイヤモンドリースとUFJセントラルリースの合併が発表されたりと、 今月に入ってから、リース業界再編の話題が豊富ですな。 その背景にあるのは、リースの会計基準変更。 せっかく、税務・会計の仕事してる投資家なんだから、ちゃんとまとめてみよ...
世界と日本の経済史

17世紀オランダ衰退の原因

16世紀半ばからの約100年、繁栄を謳歌したオランダだったが、 やがてその地位をイギリスに取って代わられる。 オランダ衰退の要因として、バーンスタインは以下の5つをあげている。 人口増加率が近隣大国に比べて低かった…西欧全土を巻き...
世界と日本の経済史

価格革命とオランダの繁栄

前回、スペインがアメリカ大陸からの銀の大量流入により、 繁栄と没落のきっかけを作ったことを書いたけど、 スペイン一国ではなく、もっと広い目で見ると面白いことが分かる。 ヨーロッパでは、スペインに流入した銀を元に、銀貨がたくさん鋳造されたこと...
世界と日本の経済史

豊富な天然資源と経済の繁栄は反比例

以前紹介したウィリアム・バーンスタイン「豊かさの誕生」 のおかげで、昔よく勉強した世界史の理解が深まったよ。 16世紀スペインは、カルロス1世、フェリペ2世在位時のハプスブルク朝の時、 ヨーロッパ最強国として君臨していたのに、あっという間に...
投資哲学を求めて

現状維持。これがなかなか難しい!

母がとても久しぶりに、私の小学校の同級生の母親と電話で話して、 同級生の結婚情報をたくさん仕入れてきたようだ。 そんな歳だもんね。私も年取ったな~、としみじみ思う。 サッカーの日本代表で活躍する選手も、みんな年下になってきたし…。 それは...
投資や経済の話題

軽井沢、定住不適格

おとといの続き。(→前回の記事) 軽井沢駅北側での生活は、地下水とのバトルと称したわけだけど、 地元の人の話によれば、それを避ける方法があるとのこと。 古くから民家があった場所は、大丈夫なんだって。 江戸時代には、中山道の宿場町として栄え...
投資や経済の話題

軽井沢駅北側の土地の特徴

軽井沢に住みたいな、となんとなく思っていた。 私は中学生の頃、肺の手術をしてるから、そら空気のいいとこがいいでしょ。 それに、トヨタの株主のくせに車が運転できないから、 電車で東京に出て来やすくて、空気のいいトコと言えば、 軽井沢と箱根湯本...