2005-11

投資の賢人に学ぶ

ジェームズ・パードウ「バフェットの教え」

バフェットさんを題材にしたもので、 株式投資を始めて間もない方にも分かり安い本を発見!!! 1,2時間でバフェットさんの投資哲学のエッセンスを学ぶことができる良書だよ♪ 投資ブームで馬鹿げた本もたくさん出版されててうんざりするけど、 こう...
投資の賢人に学ぶ

売買増加は自制心のなさの現われ

昨日、今年の損切りを振返ったところ、 ① 自制心のなさ(安易に飛びついた) ② 購入前よりも購入後の方がより真剣に分析する という私の愚かさがあらわになった。 投資先を見つけるまでの間に、無駄な売買を繰り返し、 私自身ではなく、証券会社が儲...
投資の賢人に学ぶ

ジタバタ動かず、じっくり待つ。

ファンド・マネージャーの大半が、インデックスファンドに敵わない理由は、 突き詰めれば売買のしすぎなんじゃないだろうか? ファンド・マネージャーは仕事で株の売買をしている以上、のんびり買場を待つことはできない。 むしろ、投資家からもらう信託報...
投資の賢人に学ぶ

ここ2,3年を振返って

2003年春  持ち合い解消記念の歴史的な大バーゲンセール。  良品が安すぎて嬉し涙。目移りしちゃってさぁ大変。持ち金の少なさにキレ気味。 2004~05年春  ほんの少し注意を払えば、規模は縮小したもの、バーゲン期間中。  めでたく就職し...
投資の賢人に学ぶ

フィッシャーに学ぶ、保有株の売却 パート2

フィッシャーが保有株を売却する理由として3番目に挙げているのが、 「保有株以上に魅力的な株に乗り換える場合」というもの。 ただ挙げながらも、正しいルールで銘柄選択をした投資家には、 そんなことはめったに起こらないと語っている。 私がいつも...
投資の賢人に学ぶ

フィッシャーに学ぶ、保有株の売却 パート1

今日は、フィリップ・フィッシャーが著書の中で、 保有株を売却する理由は3つ以外にないと語るうちの2つについて。 「当初の購入判断にミスがあり、 時とともに当初魅力的と思われた条件がその企業から失われた」 サラッとこう言われても、それはそ...
投資の賢人に学ぶ

含み益の株は売る?売らない?パート2

だいぶ前に書いた記事の続編?かな。>>>該当記事へ 前回は将来性のある株を、少し割高かな?と売るのはやめい! というのが要旨でした。 今日はフィリップ・フィッシャー氏(バフェットさんの師匠)の理論を紹介♪ フィッシャー氏は...
投資や経済の話題

次世代ゲーム機戦争、勝手予想

来月10日、Xbox360の発売より次世代ゲーム機戦争がはじまる。 7,8歳の頃、スーパーマリオが大ヒットしたTVゲーム世代として、 これについて語らないわけにいかないでしょ?(笑) PS2は振返れば、ゲーム機というよりむしろDVD再生機...