2005-10

投資や経済の話題

投資の元手を作る方法

今日話していてふと思ったが、私の持ち物は年代物が割と多い。 だいたい周囲が目を回す使用期間のものは、  携帯電話…5年半(画面は白黒。i-modeは可能)  プリンタ…7年  スキャナ…6年(現在出回るものと比べ厚みが3倍)  テレビ…10...
IR情報等から企業を見る

デュポン式ROE分析Ⅱ トヨタと日産を比較

前回に引き続き、珍しく?予告どおりデュポン流のROE分析の話。 このデュポン式ROEの決算書分析は、 佐々木洋「決算書でわかる儲けの極意」に付属のExcelファイルを使うと 簡単にデータが取得できるので、これを使ってトヨタと日産のデー...
IR情報等から企業を見る

ROE分析はデュポン流がお薦め

先週、大津広一「企業価値を創造する 会計指標入門」の紹介とともに、 デュポン式ROE = 売上高純利益率 × 総資産回転率 × 財務レバレッジ についてチラッと触れたけど、今日はそれももうちょっと掘り下げてみよう。 アメリカの化...
投資哲学を求めて

分散投資には注意力分散のリスクあり

世間に出回る投資関係の書物には、 「1つのバスケットにすべての卵を入れてはいけない」 という名言とともに分散投資を勧めているけれど、大嫌い!! たくさんの保有銘柄の中で素晴らしい成績を上げるものがあっても、 全体としては増えていないから、...
お薦めの本

大津広一「企業価値を創造する会計指標入門」

先週発売された 大津広一著「企業価値を創造する 会計指標入門」 を今読んでいるんだけど、これはかなりいい本だ。 これまで会計指標を解説した本と言うと、 指標の算出方法や意味を解説して終わってしまうものがほとんど。 しかし、この...
投資や経済の話題

投資信託と広告の関係

買おうか迷っていた投資信託が新聞広告に出ていた。 そしたらあなたはどうしますか? 勘違いしている人に出会ったので、念のため解説しておくね。 商品の広告というと、  広告・宣伝 → 購入者が増える → 売上up といったイメージから良いよう...
お薦めの本

ビジョナリー・カンパニー2

ビジョナリー・カンパニーの続編。 投資家にとって有用なのは、1冊目よりこの2冊目。 1冊目で研究対象となった企業は、創業時に素晴らしい経営者がおり、 初期に偉大な企業(ビジョナリー・カンパニー)の下地ができあがった。 2冊目は、良い企業が...