コラボ経済の時代/「自分ごと」だと人は動く

みんなが同種のモノに群がる大量生産・大量消費の時代。
企業は新聞やテレビの広告で一方的に情報発信だけでよかった。
でもIT革命後の消費者は単なる情報の受け手ではなくなり、
主体的に情報を収集、選別、発信しはじめ、時代は大きく変わった。

企業の大小に関わらず、ブランド戦略が重要なのはこのため。
ブランドとは「企業と顧客の間にある差別化された約束」だから。
そして顧客に「自分ごと(⇔他人事)」だと意識してもらい、
企業と顧客のコラボ」によってブランドを構築していく時代なんだ。

こうした取り組みで大きく遅れをとっていた金融業界。
でもここ数年で鎌倉投信ミュージック・セキュリティーズのように、

  • 企業と投資家の間の「共感」をいかに結ぶか?
  • どうすればお金に「想い」や「意志」を込められるか?

といったことにチャレンジする事業者が現れ、変化の兆しはある。
もうすぐ初体験の鎌倉投信・受益者集会。どんなのか楽しみ♪