ニコタマ詣?

今年もあと2週間か。
ワールドカップや美食の旅に支えられ、最高に幸せだった2010年。
でも年が変わってまもなく「胃がん」疑惑によりバラバラに崩壊。
体調が優れない…とグダグダ言ってるうちに、ありゃま、もう年末?

リーマンショックの直後(2008年秋)から、
世界を動かしたければ、まず自分を動かすこと」(ソクラテス)
てな勢いで突っ走り、あらゆるものに敗れてズッコケた。
そんな今年の私を象徴する記事はこれかな。
自ら選ばず、流されることも大事(11/09/08)
こんな調子で世の無常を歌う記事を数多く配信した1年だった。

でも、自ら動くことをやめた私に、夏頃から次々と面会依頼が来る不思議。
ブログの読者の方はもちろん、マスコミから一般企業やNPOの方まで。
ただ、都会の人混みに出かけるほどの体力は残っていないため、
地元の二子玉川で休日の午前から昼にかけて話をすることが多かった。
そんな私の近況を友だちが「まるでニコタマ詣だね」と笑ってた。

私の頭の中からどんなことを出して本にしたら面白いのか、
よく分からないから、いろんな方と話をしたいな、とちょうど思ってたとこ。
二子玉川までお越しいただいたみなさま、ありがとうございました。
(とはいえ総集編を出版する話は、その後半年進んでいない…)

そして今日。おそらく今年最後の面会依頼。
来春、2週間から長くて1ヶ月間くらい、某新聞で連載を書くことが内定。
一足早いクリスマスプレゼントが来た♪ 来年はもう少し元気に生きよう。