EURO2012に見る日本代表の限界

EURO2012も決勝戦のスペインvsイタリアを残すのみ。
サッカー国際大会を観ていると日本代表きびしいなぁ…。
ワールドカップで日本が決勝戦に進む、という意味でだけど。

今回のEUROのベスト4は、スペイン、イタリア、ドイツ、ポルトガル。
このうち3カ国はベースとなるチームが国内リーグにある。

  • スペイン…バルセロナ
  • イタリア…ユベントス
  • ドイツ…バイエルン・ミュンヘン

代表チームは練習時間が少ないから、という理由はもちろん
ここ数年のサッカーは連携プレーの重要性が特に増しているのでは?
具体例を挙げると、

  • EURO2012で期待されたオランダはチームとしてバラバラ
  • ワールドカップでブラジル、アルゼンチンがパッとしない成績
  • メッシ擁するバルセロナとアルゼンチン代表の質の違い

海外で活躍する選手の増えた日本代表はアジアでは抜きんでた。
でもワールドカップで強豪国を倒して上に行くためには、
JリーグのチームがAFCチャンピオンズリーグで優勝し、
さらにFIFAクラブワールドカップで欧州、南米代表をおびやかし、
そのチーム+数名の海外組で代表チームを編成したい
ところ。

さて今回のEURO2012。
私はドイツの優勝を予想していたけどイタリアに敗れた。
ギリシア戦で妙なスタメン入れ替えに酔ったレーヴ監督が、
イタリア戦でもかき回し、選手が混乱した結果と言えるだろう。

イタリアは国内リーグでスキャンダルが発生すると、
妙にやる気を出す伝統があるからこのまま行くか?(2006年W杯優勝)
今晩は超・早寝早起きコースでがんばろう!